初期型油冷会

 
 1985年、耐久マシンのデザインに世界初の油冷エンジンを搭載したGSX-R750が誕生し、その翌年にはR1100シリーズも発表されました。
その後、優れたマシン性能で数々のレース等で活躍した事は、まだ記憶に新しいと思います。

 油冷GSX-Rが誕生して20年後の2005年9月に、インターネットで知り合った初期型油冷のオーナーが10名ほど集まり「初期型油冷会」を設立しました。
 
 今後は会員同士が、このホームページを通じて情報交換やイベント等の連絡を取り合いながら、ツーリング等を気軽に楽しめるアットホームなクラブに成長して行く事を願っています




初期型油冷会 会長   小野間 章




広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー